極上のアイクリームケア

最近のオススメはアイクリームをたっぷりめに使うアイケアです。

アイクリームは特別意識しないとなかなかケアには取り入れられないアイテムの一つなんですが、このアイクリームケアの使用度や使用時期などって実は今後の肌の状態にすごく影響するんじゃないかと密かに思っているのです。

だって人って相手の目元って結構意識して見ているじゃないですか?

それに目って印象に残りやすいなと思うんです。

そう思うと目元は常に若々しくしておきたいし、

特にシワやたるみが気になるのでキリッとした印象を与えたいんですよね。

アイクリームケアで防げるところというと限界はあってもちろん自然と

やってくる老化に耐えられないことはわかっています。

だけどこのアイクリームが少しでも今後の私の目元に大きな変化を与えてくれるなら、

ケアとしてやらない理由はないのです。

そう信じて、とても小さくてもお高いアイクリームを躊躇なく使っているのです。

アイクリームケアは一度始めるとやめられません。

大きな変化が見られないということは常に目元はキープ出来ているという証になります。

運動した後はお肌の状態がいい

運動することは体にいいといいますが、お肌にもとてもいいと思います。

お肌が元気でいるためには新陳代謝が良く肌の再生機能が活性している状態なんですが、

運動をすることで代謝がよくなるので、もちろん肌へも影響があるのかなと思うのです。

中でも有酸素運動は発汗し、いらない体の毒素も追い出してくれそうで、

お肌の活性化が期待できます。

しかしあまりハードに運動しすぎると体の熱が肌の大切な水分を奪い、

表面が乾いたり、赤くなったりするし、

汗や皮脂のケアをしておかないと汚れが取れずにトラブルにもがなってしまいそうなので、

適度な運動を定期的に取り入れるのがベストだと思います。

中でも私が注目しているのがヨガです。

ヨガは深い呼吸を取り入れるので、ゆっくりとしっかりと体に効き目があると思います。

心身のリラックスとバランスはお肌にもとても良さそうで、

定期的なヨガのレッスンを検討しています。

肌の美しさは日頃の行動もとても関係していると思うので、

是非体にいい運動を取り入れいきたいです。

リップクリームはいつも持っておこう

唇の皮膚はとても薄い皮膚であり、敏感で不快感が感じやすいですね。

肌の乾燥はそうすぐには気がつかないけど、

唇がとても乾燥している時はすぐに気がつきますよね。

そして不快な感じがとっても心地悪くて、

私は唇が乾燥してつっぱてる感覚に多少ストレスを感じるので、

いつもどんなときでもリップクリームを持ち歩いています。

だいたいポケットの中にはいつもリップクリームが常備してあるわけです。

唇はほんのちょっとの乾燥からほっておくことによって、

どんどん悪化してしまうようです。

だからとくに高価なものでなく安いリップクリームでいいので、

乾燥を感じたらすぐに潤いを補給することが一番の効果があるそうなのです。

リップクリームをすっと塗るとスッとなんだか心が落ち着きます。

あまりに唇の乾燥がひどい時や乾燥が続くような時は外からの乾燥だけが原因ではなく、

身体の不調のサインということもありますから、スキンケアだけでなく、

体調面も気をつけた方がいいかもしれません。

雑誌に載ってた野菜パックをやってみた

美容院でたまたま見かけた雑誌を見ていて気になったのが、野菜パック。

その名の通り、生の野菜を輪切りにして直接、

お肌に乗せてパックしているのを拝見しました。

なんだか不思議な光景でしたが、ビタミンとかミネラルとか大切だというし、

なんならその成分を多く含んでいる野菜や果物を直接乗せて見る方が

効果があるのかもしれない!と早速試してみたのがきゅうりを使ったきゅうりパックでした。

きゅうりを一本かってきて、輪切り切り、スキンケアで整えた肌に直接、

寝ながらペタペタ貼ってみました。

なんとも変な光景で親から「何をしてるの?」と不思議がられ、

ついでには「野菜なんて食べれるのにもったいない!」と怒られる始末…。

それでも私の好奇心は収まり切らなかったようで、

きゅうりパックを20分やってみました。

感想はというとただきゅうり臭かったということ。

そして若干かゆみが出ました。

効果もイマイチでした。

きゅうりはやっぱり食べて、栄養を取るのが一番だと痛感致しました。

好奇心のある方は是非一度やってみてはどうでしょうか?